2016/11/21

*ベルギー買い付け二、三日目*





こんにちは。


帰国後少しずつ更新してきた買い付け日記も

今回はこれで最後の投稿です◎




ベルギー2日目の朝は、クロワッサンを食べながら蚤の市まで歩きます。





こういう壁のペイント、パリも結構ありますがブリュッセルは特に多かったような。








この日も朝から冷え込みます、、、



ここはアンティーク家具や雑貨のお店から、

いわゆるリサイクル用品(本や服など)もたくさん。

中にはアンタ絶対これどっかで拾ってきたやろ!ってものも。。笑








それほど広い市場ではないので、

何周もぐるぐると回って良さそうなものをチェックします。

本物のガラクタも多いですが、根気よく見ていくと

これは可愛いっ!というものもたまに見つかるので嬉しい。






途中あまりの寒さに広場の目の前のカフェへ避難。。。







内装が可愛いです*






買ったものたち。


ピックアップの車を待つ間、

ハトさん(女性)がベルギー人の男性と談笑しながら

商品を見張ってくれています。




グリーンの脚がかわいい、小学校で使われていたデスク
 (二人掛けなのか、日本のものより横長)や


これまた脚のデザインがフレンチな雰囲気で素敵なダイニングテーブル


ウッドのチェアやスツールなどなども。



ここでは特にシルバーや真鍮製の小物をたくさん買い付けました。

すでにWEB ショップからご覧いただけるものも!◎

是非ごらんください*











結局ここでは朝の8時から夕方前まで買い付けし


夜は車で1時間と少しのブリュッセル郊外へ。


いよいよ次の日がベルギー最終日です。




- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -  - - - - - - - - - - - - - - - - - 




さて、ベルギー三日目。



この日も早朝から蚤の市へ出発です!


会場へ着いたときはまだ霧がかかってあたりはまっしろ。。


それでも少しずつ、晴れてきました*






ここでは小さなフォトフレーム(もう既にSOLD OUTのものも…)や、

ロールトップ(蛇腹式)の蓋がかわいい棚などを購入。







この後ろに写っているおじさん、この時も何かをしきりに値切っていましたが…


この先でも何度も何度も遭遇しました。

「お、この店いいな」と思って立ち止まると、いるんです。笑


趣味が合うかもしれません…







ウッドウォールスタンド。

派手すぎない彫りのデザインと木の質感がいい感じです!




真ん中には鏡が埋め込まれており、

そのすぐ下には蓋つきのボックスが。

上部にはコートや帽子をかけられるフック付き。

下部は傘などを立てておけるスタンドになっています。

玄関先にぜひ*







落ち着いたグリーンペイントのウッドチェア

ちょっと小さめ。子供部屋にも!





写真が少なくて申し訳ないのですが、、


ここでは他にシルバーのポットや小物をたくさん。


味のある瓶や紙製品、

シャビーな雰囲気が素敵なウォールランプも。


ウォールランプはゴールド以外にも、

グレーペイントだったり、石のような素材でできたものだったり。

とても素敵なのでお店にやってくるのが楽しみです*






さて、この日は昼過ぎまで大急ぎで買い付けを終わらせ、

またまたフランスへ5時間の旅!




ベルギーから直接日本へ帰れれば楽なのですが、

今回は、日本へコンテナ輸送をしてくれるフランスのディーラーの元に

ベルギーで購入したあれこれを託しに行かねばならないのです!






道がどこまでもまっすぐー。


お天気も晴れてきて、とっても綺麗です。







さて、この旅もいよいよ終わりです。


次の日早朝からディーラーの倉庫へ商品を運び込み、SNCFでパリへ。





まだ暗い駅のホームからの景色。



今回はずっと車移動だったので、電車移動はここだけでした。


電車はなーんにも考えずに乗っていられて楽ですね、、、


もちろん車の旅には車の旅の良さがありますが。







結構ギリギリで飛行機に乗り込み。




(このローズ&葡萄フレーバーのエビアン美味しかった!

日本でも売ってほしいです。)





次の日の朝大阪へ帰国しました◎


今回は個人的に初のベルギーで発見もたくさんあったり、

蚤の市でもいろいろなディーラーに出会えたりと

有意義な買い付けとなりました。




今回買い付けた商品たちのコンテナ入荷は今のところ

来年の、年明け早々を予定しております!

またinstagram、ブログなどでお知らせいたしますね。




それでは、長くなってしまいましたが


ここまでお読みいただいてありがとうございました*



既に入荷している商品などはSTAFF BLOGで一気にご覧いただけます!






また次の買い付けでお会いしましょう*




2016/11/14

*ベルギー買い付け一日目*








買い付け5日目の朝。


ついにフランスを後にして、ベルギーへ向かいます!


私ははじめてのベルギーのためちょっとドキドキ。


北フランスからは車で5時間半かかるため、朝6時出発…!


の、はずが、いろいろありまして(笑)二時間ほど遅れ。



覗いてみようと思っていた街の蚤の市が、

到着したころにはすっかり終わっていました。




ひゅるる~


残念。





ベルギーは移民の多い国で、フランスのすぐお隣なのに雰囲気がガラリと変わります。


ユダヤ系の人、中東系の人、ミックスの人…


そんな顔立ちが急に増えてきます。


ブリュッセルは想像以上に都会で驚きましたが、とにかく路駐が多い!


ほぼすべての路地にずらりと車が……


ちょっと停めたいだけなのに空いている場所を探して


ぐるぐる…ぐるぐる…


夕方は帰宅ラッシュなのかかなり混むし、

ブリュッセルでの車移動はなかなか大変ですね。




見えにくいですがベルギーとEUの国旗です。




さて、気をとりなおしてアントワープ近郊のディーラーに会いにいきます。


ここもなんだか広そうだなぁ~と思いつつ入ると…




驚きの物量!


体育館のように広い倉庫、というのはまぁちょこちょこあるのですが

そこにこれ程、上から下までぎっしり!のところは初めてでびっくりです…





い、息がつまりそう。。。笑


うず高く積まれたアンティークに、頭上にはどこまでもシャンデリアが。


狭い通路をくねくね歩きます。(ドン・〇ホーテ並み)





ブラケットもこんな山がそこかしこに。


可愛いものをいくつかピックアップします。






ゴージャスなシャンデリアもたくさん







こんなフェミニンなクリスタルのブラケットも。









AHREND(アーレン)のワーキングチェア(ドラフティングチェア)!

デザイナーFriso Kramerとのコラボレーションプロダクトで

モダンなシルエットがかっこいい◎


写真ではお伝えしにくいですが、このグレーの塗装がマットな質感で

それもまた良いのです*


座面高さと背もたれの角度を調節可能。








どっしりしたアイアンの脚がかっこいいスツール。

カフェなどの店舗様におすすめ








今回沢山仕入れたソーイングボックス。




ナチュラル系から可愛らしいデザイン、

ちょっと変わった形、クラシックなもの…いろいろです。









手ごろな大きさのネストテーブル。





ウッドボックスは店舗でのディスプレイとしてとっても映えるアイテム。

ご家庭でツールボックス、ガーデニングアイテムとしても◎








ぱっと目を惹く看板もいくつか、、、







EKLAってなんでしょうか。

ベルギーにはEKLAというビールがあるようなのでその看板でしょうか?

商品が届いたらチェックしてみないと。







非常口!


日本の非常口表示とちょっとちがいますね。


私はこの「世界の非常口」を見るのが好きで、


旅行に行ったら必ず非常口をチェックします(変?)。

(大体飛行機を降りてすぐの空港ですぐ見ることが出来ます)



私のアルバムには15か国以上の非常口写真コレクションがあり

そこまでバリエーションがある訳ではありませんが、

人の「急いでる度合」と「ドアの位置」(あとは炎の有無)が……

ヨーロッパは「ドアまで遠すぎ」系が多く、香港はもう半分燃えてます。



ってこの話はこの辺でやめておきましょう。。(笑)




こういうおじいちゃんいます。(仕入れてません)







ここにはとっても人懐っこい猫ちゃんがおり、

寒さに凍えながら何時間も歩き回るわたしの足元を

ずーっとくっついて歩いて癒してくれました*




さて、やっと一通り見終わり、終了!と思いきや、

「2階もあるよ」と、、、、

目まいがしそうです。

(2階どころか4階までありました)




ただ上の階はちょっと値段の高いものや

ミッドセンチュリー系のテイストの違うものが多かったので

ざっと見て終了。






最後に、もはや売る気はないであろう

物凄い「コレクション部屋」を見せてくれました。





暗いので綺麗に写真が取れず・・・お伝えできなくて悔しいですが

本当にすばらしいバーカウンターやキャビネット、

壁一面の書棚に革張りの美しい洋書がずらり!






なかなか迫力があります…


ハリーポッターの世界に迷い込んだような気持ちに。

(でもたまに変なものがあります。

↑左下に写ってる魚の顔とか。。)




以前は服飾の仕事をしていた私が何より惹かれたのがこれ。




トルソー!


状態も良くとっても品格溢れるトルソーです。


こちら、肩の部分にスプリングが入っていて両側からぐっと押すと





縮まるー!


肩幅自由自在です。かっこいい!



一応これいくら?と恐る恐る聞いてみましたが

「言えないくらい高い」と言われました(笑)




実はこの他にお茶を出してくれる部屋がありそこにも商品がぎっしり

(ここも状態の良いものばかり)

写真取ればよかったな。かわいい空間でした。




そんなこんなで濃厚な時間を過ごし、ベルギー二日目へ続きます。









2016/11/11

*フランス買い付け三日目*




買い付け三日目。


買い付け一、二日目は大きなフェアを中心に回りましたが


三日目は個人のディーラーがやっている倉庫をまわります!



きちんとお店らしい外観のところもあれば


だだっぴろい倉庫や屋根裏に、とにかく雑多にアンティークがぎっしり

(この人は収集癖か何かがあって、集まってしまった物たちを

とりあえずここに詰め込んでるんじゃないか…?笑 という感じ)

みたいなところも沢山あります。




この日も、まずは元工場だったレンガ造りの大きな倉庫へ。

 


前回同様、ディーラーのお父さんに連れられてちびっこも登場。

天使です……






外には鶏だのヤギだのアヒルだのがわらわらと…牧場か?








ここではブラケット(ウォールランプ)やシャンデリアなど照明をたくさん購入。

ここに限らず、今回はウォールランプをたくさん買い付けました!

あとは、キャンドルスタンドも。

コンテナが到着したら、アルル・バランの壁をランプでいっぱいにしようと思っています*





ゴールドのものが多い中こんなピューター製のものも。


クールなモノトーンインテリアから、シャビーシックまで合いそう◎







二件目では良さそうなサイドテーブルをいくつか発見。

アルル・バランで人気のアイテムなので嬉しいです*



ペイント剥がれがいい雰囲気のデスクも。


写真が暗くてすみません。






商品を一通り見終えると毎回お茶をご馳走してくれます。





グリーンにペイントされた天井がとっても可愛い!





その後3、4件目…と急いでまわっていきます。


ノルマンディーの片田舎にぽつん、ぽつんと立っている倉庫を回るので


移動時間が結構かかるのです。






こちらは小物中心のショップ。








ソーシエール(ソース入れ)はいろいろな用途に使えます。

花器としてふんわりお花を生けるとなんとも可愛らしくておすすめです*






店頭でも問い合わせの多い洋書も取扱いはじめます◎

本格的な装丁の重厚なものから、レトロで可愛いもの。

聖書や楽譜などいろいろ入ります。


このブルーのチェアは二脚ペアで入荷予定。





お店の外になっていたオレンジ色の実。


果実は琵琶のような見た目ですが、触ると中が空洞でぷよぷよしています。


何という実なのか聞いてみましたが、フランス語が聞き取れません…笑






こちらは一見シンプルな感じの猫脚デスクですが

天板部分がぱかっと開いて収納や鏡が出てきます。

場所の取らない優秀ドレッサーですね◎






どーんと大きなソファ。気持ちよく寝れそうです!(?)

状態も良好。




写真が悪くて申し訳ないのですが…

ご自宅にも、店舗様にも良さそうな大きめのコートハンガーです。

左の2本はウッド製。右はアイアンです。



人気のアームチェアや



細身のペイントチェアも



落ち着いた色合いのピンクが可愛いです*





*入荷前の商品はご予約も可能です*

気になるものがあればお気軽にお問い合わせくださいね。




この日の買い付けは夜遅くまで続き、


へとへとになりながら唯一開いていたホテル近くのステーキハウスへ。


こちらでは郊外で遅くまで開いているというと大体ステーキハウスか中華ですね。


なぜなのでしょう??


ステーキを食べる元気はなくあたたかい煮込みにしてみましたがそれが正解◎


ステーキはゴムのように硬かったようです

(「付け合わせのイモが一番美味い」と言っていました…笑)




ホテルに戻って買っておいたシードルで乾杯し、

次の朝も早いので急いで就寝です。






ついに四日目はフランス→ベルギーへ移動です!